メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本トランスシティ、三重・四日市で986平方メートルの危険物倉庫新設

日本トランスシティ、三重・四日市で986平方メートルの危険物倉庫新設

エリア4棟目、将来の取り扱い増に準備

日本トランスシティは12月3日、三重県四日市市の河原田町で「河原田低温危険品倉庫(RD-03)」が同日完成したと発表した。

平屋建てで面積は986平方メートル。保管庫が5度、前室は15度と設定し、危険物第4類の電解液などを取り扱う。移動式ラック設備を989棚導入するなど、効率化と安全確保に配慮している。

同社が同エリアで低温危険物倉庫を構えるのは4棟目。将来見込まれる危険物貨物の取り扱い増加に備える。


「河原田低温危険品倉庫(RD-03)」の外観(日本トランスシティプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事