あおり運転、「鬼退治ボックス」で動画収集し撃退!

あおり運転、「鬼退治ボックス」で動画収集し撃退!

岡山県警がホームページに設定、捜査や再発防止に活用

岡山県警は11月から、インターネットを通じてあおり運転の情報を収集する「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」の運用を開始した。車に搭載したドライブレコーダーやスマートフォンで撮影した動画などの情報提供を呼び掛けており、捜査や再発防止に生かしていく構えだ。

県警のウェブサイト上に情報提供のフォームを設定。あおり運転や無免許運転、飲酒運転、暴走といった悪質行為の情報を書き込めるようになっている。写真や動画の提供も受け付けている。

既に数十件の情報が届いており、NHKなど主要メディアの報道によれば、このほど、提供された動画を基に、あおり運転をしたドライバーを道路交通法違反の疑いで初めて検挙したという。


情報提供を呼び掛ける岡山県警のウェブサイト

(藤原秀行)※写真は岡山県警ウェブサイトより引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事