新型コロナウイルス感染症への対応について

国内貨物の総輸送量、20年度は3%超の大幅なマイナスを予想

国内貨物の総輸送量、20年度は3%超の大幅なマイナスを予想

日通総研が見通し公表、景気悪化が影響と分析

日通総合研究所は12月24日、2019~20年度の経済と貨物輸送の見通しを公表した。

国内の貨物総輸送量は19年度の通期で前年度から0・7%減、20年度は3・2%減を見込む。景気悪化の影響で荷動きが鈍化するとみており、20年度は一般貨物に限定すれば3・7%減になると想定している。


国内の貨物総輸送量の推移(日通総研資料より引用)※クリックで拡大

国際貨物輸送は輸出の外貨コンテナが19年度は4・2%減と落ち込むものの、20年度は1・0%増とプラスに転じるシナリオを描いている。米中貿易摩擦など世界経済の減速感が一服することで、2年ぶりのプラスになると予測している。ただ、輸入は19年度が0・3%減、20年度も0・4%減とマイナス基調が続くとの見方を示している。

国際航空も輸出は19年度の21・3%減という大幅な落ち込みから、20年度は0・6%増と小幅ながらプラスに転じると試算。一方で輸入は19年度が4・7%減、20年度も1・4%減と低迷する予想を立てている。輸出と輸入で明暗が分かれる格好だ。

(藤原秀行)

日通総研資料のダウンロードはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

データ/調査カテゴリの最新記事