JR東日本スタートアップとフーディソン、“新幹線物流”で届けた鮮魚の定期販売

JR東日本スタートアップとフーディソン、“新幹線物流”で届けた鮮魚の定期販売

3月27日までの毎週金曜日、品川駅構内店舗で

JR東日本グループでベンチャー企業支援を手掛けるJR東日本スタートアップと水産物や青果物の卸・小売りを展開しているフーディソンは1月14日、新幹線を使って運んだ鮮魚の定期販売を同17日に始めると発表した。

販売は3月27日までの毎週金曜日の計11回を予定。新潟港で朝、競りにかけられた獲れたての鮮魚を、上越新幹線のMAXときに乗せて東京都内まで運び、東京・品川駅構内の鮮魚店「sakana bacca エキュート品川店」でその日の午後2時半以降に販売する。

“新幹線物流”の活用を広げるのが狙い。JR東日本リテールネットとJR東日本物流も協力する。


今回の“新幹線物流”の流れ(JR東日本スタートアップ提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事