物流連、大阪で就活控える学生向けに第2回の業界研究セミナーを2月開催へ

物流連、大阪で就活控える学生向けに第2回の業界研究セミナーを2月開催へ

会員35社と共同で実施、学年などの制限設けず

日本物流団体連合会(物流連)はこのほど、2月11日に大阪市内の「ハービスHALL」で就職活動を控える学生向けの合同説明会「物流業界研究セミナー」を開催すると発表した。

初開催だった昨年が好評だったのに伴い、2回目も開くことにした。会員企業35社と共同で実施し、各社が会場内に設けるブースで会社の概要や事業内容などを説明する。併せて、特別プログラムとして先輩社員が物流業界を目指した志望動機などを語り合うパネルディスカッションなども予定している。

対象は大学生や大学院生、高等専門学校生、短期大学生、専門学校生。学部や学科、学年による制限は設けておらず、幅広い層の学生に門戸を開いている。

就職情報サイト「マイナビ」で募集を開始しているほか、大学キャリアセンターなどへの広報も続ける。


昨年の第1回セミナーの模様(物流連提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

雇用/人材カテゴリの最新記事