新型コロナウイルス感染症への対応について

NTTドコモ、米ドローンメーカーのスカイディオと協業検討

NTTドコモ、米ドローンメーカーのスカイディオと協業検討

日本や東南アジアで新サービス展開目指す、屋内など非GPS環境下での活用も

NTTドコモは1月22日、米国のドローン(無人飛行機))メーカーSkydio(スカイディオ)と、日本や東南アジアでドローンの産業利用を促進するため協業を検討することで合意したと発表した。

ドコモは、これまでドローンの飛行準備から取得データの解析に至るまでワンストップでサポートするプラットフォーム「docomo sky」を展開。国内外でプラント設備や基地局、太陽光発電用パネル、鉄塔・橋梁といったインフラの点検、災害発生時の被災状況確認などのソリューション開発を進めてきた。

スカイディオのドローンはAI(人工知能)を活用した自律飛行や魚眼レンズのカメラを利用した障害物回避などの技術を搭載しており、GPSが捕捉できない屋内などの環境下でも安定した飛行ができるのが特徴。ドコモとスカイディオの技術やノウハウを組み合わせ、室内の自動警備といった新サービス創出を加速させたい考え。


スカイディオのドローン「Skydio 2」(NTTドコモプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事