新型コロナウイルス感染症への対応について

自動倉庫の天井や配管の隙間などを小型ドローンが人間に代わって点検

自動倉庫の天井や配管の隙間などを小型ドローンが人間に代わって点検

TRCとベンチャーのアイ・ロボティクスが物流施設向け新サービスの共同開発目指す

三菱地所傘下の東京流通センター(TRC)とベンチャー企業のアイ・ロボティクスは1月23日、ドローン(無人飛行機)を活用した物流施設の運営・管理サービス開発に共同で取り組むと発表した。小型ドローンを使い、自動倉庫の天井や配管の隙間といった人手が届きにくい場所をカメラで撮影して点検、異常や汚れなどを早期に発見・対応することを想定している。

TRCが東京・平和島に所有している物流施設「東京流通センター 物流ビル」の一部区画約1200平方メートルを実証実験用スペースとして提供。TRCが蓄積している物流施設の管理・保守に関する経験と、アイ・ロボティックスが持つ小型ドローン(直径 8~19センチメートル、重量 170グラム以下)の飛行制御システムの開発に関するノウハウを組み合わせ、実証実験で安全性などを検証。新サービスの早期確立を図る。

TRCとアイ・ロボティクスは「ドローンと IoT(モノのインターネット)により倉庫区画内外の不具合事象の傾向、倉庫内状況などのさまざまな情報をデータ化し、組み合わせることで現実に起き得る事態を事前に想定しておく『デジタルツインソリューション』を実現し、設計や運営管理の高度化・効率化を目指す」と説明している。


ドローンの実証実験イメージ(TRCとアイ・ロボティクスプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事