大和ハウスグループ、ナイキとの戦略的業務提携を正式発表

大和ハウスグループ、ナイキとの戦略的業務提携を正式発表

千葉・市川のセンターで連携、ギークプラスの物流ロボ活用

大和ハウス工業は2月3日、米スポーツ用品大手のナイキ日本法人と2019年10月に戦略的業務提携を締結したことを正式発表した。物流現場の業務効率化に加え、好立地での物流施設開設のサポートなど幅広い分野を対象としている。

【独自取材】大和ハウス工業とナイキが先進的な物流センター展開で業務提携

両社は提携締結に先立つ19年6月、ESRが千葉県市川市で開発した大型物流施設「ESR市川ディストリビューションセンター(DC)」内に設けた物流センター「The DUNK」の運営で連携。大和ハウス傘下でEC事業者向けフルフィルメント・サービスなどを手掛けるアッカ・インターナショナルが現場のオペレーション効率化を担当している。


「ESR市川DC」の外観(ESR提供)

現状は中国の新興ロボットメーカーGEEK+(ギークプラス)の物流ロボット「EVE」215台を使い24時間稼働。EVEは商品の収められた棚を下から持ち上げ、作業スタッフの元へ運ぶ仕組みだ。ナイキが自社で展開しているウェブサイトの通販と実店舗向けの両方の商品に関するピッキング業務の効率化などで成果を挙げており、注文から数時間後に商品を届けるなどのサービス高度化につなげているという。

大和ハウスとアッカ、ナイキは業務提携を通じて結び付きをさらに強め、物流ロボットなどの先端機器を用いて効率化・省人化を果たした物流センターを引き続き国内で展開していきたい考え。

大和ハウス東京本社で同日記者会見したアッカの加藤大和代表取締役は「物流施設を立ち上げる場所の選定などの領域にも踏み込んでサポートしていきたい」と述べた。


「The DUNK」で用いているギークプラスの物流ロボット


大和ハウス工業の浦川竜哉取締役常務執行役員(左)とアッカの加藤代表取締役


「The DUNK」の庫内の様子(いずれも大和ハウス工業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事