新型コロナウイルス感染症への対応について

長野地盤のIPDロジスティクス、県内6 カ所目の物流拠点開設

長野地盤のIPDロジスティクス、県内6 カ所目の物流拠点開設

倉庫面積715坪、20年中にあと2カ所で建設へ

長野を地盤とする物流企業のIPDロジスティクス(同県東御市)は2月4日、同県内6カ所目となる新たな拠点「大川北第一倉庫」を同市内に今年1月、開設したと発表した。

大川北工業団地に購入した約4000坪の開発用地で、倉庫面積が約715坪の拠点を開いた。県内の主要地域(長野~松本~上田~諏訪)の中間地点にあり、物流の要衝として期待できるエリアに新たな物流拠点を構え、総合物流サービスの基盤を拡充する。

今後は2020年中をめどに、さらに2つの拠点を建設する予定。


「大川北第一倉庫」の外観(IPDロジスティクス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事