新型コロナウイルス感染症への対応について

GROUNDのピッキング支援自律型協働ロボット、製品名は「PEER(ピア)」に決定

GROUNDのピッキング支援自律型協働ロボット、製品名は「PEER(ピア)」に決定

人間とロボットで相互作用創発

物流業務効率化の新技術開発を手掛けるスタートアップ企業のGROUND(東京)は2月12日、物流施設内のピッキング作業を支援する自律型協働ロボット「AMR」の製品名を「PEER(ピア)」に決めたと発表した。

建築設計や都市デザインなどを手掛けるBureau0–1と連携。「人間とロボットがペア(Pairing)を組むことにより、今までにない関係性や生産性が可能(Enabled)となり、相互作用を創発(Emergent)させるロボティクス・システム(Robotics)へと進化する」とのストーリーを設定。それぞれのキーワードの頭文字から「PEER」との造語を生み出した。

AMRは搭載したセンサーなどで周辺の環境を把握し、ピッキングすべき商品が収められた棚へ、最適なルートを自分で判断して自律走行。スタッフはAMRが止まった場所でピッキングを順次済ませていけば適切に作業を終えられる。庫内のレイアウトや作業オペレーションの大幅な変更なしに導入できるのが特徴となっている。昨年、ファッション・アパレルのECシステム開発などを手掛けるダイアモンドヘッドが千葉県柏市に構える物流センターに初めて納入した。


「PEER」のイメージ※クリックで拡大


ロゴマーク※クリックで拡大(いずれもGROUND提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事