新型コロナウイルス感染症への対応について

Rapyuta Roboticsと安川電機、モノフルが資本・業務提携

Rapyuta Roboticsと安川電機、モノフルが資本・業務提携

物流現場向けロボットの利用普及促進、サブスクサービスも

ロボット開発を手掛けるスタートアップ企業のRapyuta Roboticsは2月17日、安川電機、日本GLP傘下のモノフルとそれぞれ資本・業務提携したと発表した。物流現場向けのロボット利用普及を促進する。具体的な出資比率など詳細は開示していない。

安川電機とはアーム型ロボットとAMR(搬送ロボット)など形態が異なる複数のロボットを連携させて動く製造現場、物流現場などでの自動化を進めていくのが狙い。多様な企業と連携することによるオープンイノベーションの実現も目指す。

モノフルとの提携に際しては、日本GLPと三井物産が共同で設置したプラスオートメーションともパートナーシップを構築。協働型ピッキングアシスタントロボットのサブスクリプション利用を実現、より幅広い層の事業者がロボットを導入しやすくする。将来はAMRに加え、フォークリフトやアーム、AGV(無人搬送車)などにレンタルのカバー範囲を広げていく考え。


「国際物流総合展 INNOVATION EXPO」に出展予定のAMR(Rapyuta Roboticsウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事