新型コロナウイルス感染症への対応について

澁澤倉庫、横浜で賃貸用研究開発スペース併設の物流拠点が完成

澁澤倉庫、横浜で賃貸用研究開発スペース併設の物流拠点が完成

2・6万平方メートル、倉庫は流通加工にも対応

澁澤倉庫は3月6日、横浜市で研究開発機能を併設した物流施設「澁澤ABCビルディング2号館」が完成、3月1日に稼働を始めたと発表した。

新拠点は地上5階建て、延べ床面積約2万6400平方メートルで、このうち物流向けスペースは1万2747平方メートル、トラックバースが1916平方メートル、研究開発用の賃貸スペースは9492平方メートルを確保。倉庫スペースはさまざまな流通加工にも対応できる。

研究開発施設は階高7・8メートルを備え、大型機器も利用できる荷物用エレベーターを導入するなど、本格的かつ高度な研究開発が可能。首都高の子安ICから約700メートルに位置し、横浜港にも近接している。


新たに稼働を開始した「澁澤ABCビルディング2号館」(いずれも手前側の建物、澁澤倉庫プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事