メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本通運、新器材活用した国内輸送サービスを開始

日本通運、新器材活用した国内輸送サービスを開始

1平方メートルに荷物を自由に積み込み、積載効率向上

日本通運は4月1日、BtoBの荷物をメーンとする「アロー便」で、同社が独自に開発した器材「プロテクトBOX」を用いた新たな輸送サービスの販売を開始すると発表した。

プロテクトBOXの約1平方メートル(最大積載重量350キログラム)の中に、自由に荷物を積み込める。上積みや積み重ねが困難な荷物でも二段積載できるようになり、積載効率向上につながると見込む。プロテクトBOXは1人で組み立てや折り畳みが可能で、繰り返し使えるため、養生・梱包資材の使用や廃棄物の発生を減らせるのもメリット。

さらに封印環を使って施錠できるようになっており、輸送中のセキュリティーにも配慮している。

4月から東京、横浜、名古屋、大阪でサービスを開始。札幌、仙台、広島、福岡など他のエリアでも順次利用可能とする計画。


「プロテクトBOX」の外観


荷物の積み込み事例(いずれも日本通運提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事