メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【新型ウイルス】中国の1~3月実質成長率、前年同期比6・8%減

【新型ウイルス】中国の1~3月実質成長率、前年同期比6・8%減

コロナで生産や物流など経済活動停止が大打撃、1992年以降で初のマイナス

中国国家統計局が4月17日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP)成長率は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比6・8%減少した。前期(19年10~12月)の6・0%増から急ブレーキがかかり、四半期ベースでは記録が残っている1992年以降、初めてのマイナス成長となった。

新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動停止に追い込まれ、工場の稼働や物流の停止などが広がったことが直撃した。同時に公表した工業生産などの統計も軒並み前年同月から大きく落ち込んだ。

3月以降は工場の生産が再開されるなど、経済活動も徐々に正常化しているものの、世界的に景気減速の色合いが強まっており、中国経済の今後は展望しづらい情勢だ。物流にとっても難しい局面が続きそうだ。

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事