新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】奈良・大和高田市の郵便局でも感染者判明、川崎・登戸は2人目確認で再び業務停止

【新型ウイルス】奈良・大和高田市の郵便局でも感染者判明、川崎・登戸は2人目確認で再び業務停止

11都府県・16カ所に拡大

日本郵政は4月17日、神奈川県川崎市の「登戸郵便局」で新たに集配担当の日本郵便社員が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。同郵便局は同日、業務を再開したばかりだが、消毒のためすぐに再びストップした。同郵便局での感染者は2人目。

日本郵政はまた、4月18日にも、奈良県大和高田市の「大和高田郵便局」で、近畿支社から駐在している経営管理事務担当の日本郵便社員1人が感染していると判明したことを公表した。消毒作業が完了し、所感保健所から業務再開の確認を得られたため、現在通常通り営業しており、郵便物やゆうパックの配達遅延も起きていないという。

郵便局で感染者が出たのはこれで11都府県の16カ所に拡大した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事