新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】トランコム、荷動き鈍化で物流情報サービスは事業環境厳しいと予想

【新型ウイルス】トランコム、荷動き鈍化で物流情報サービスは事業環境厳しいと予想

コロナの影響言及、「ドライバー不足で運賃単価は大幅に下落せず」とも指摘

トランコムは4月30日、2020年3月期の決算説明資料を公表した。

この中で、新型コロナウイルスの感染拡大が各事業に及ぼす影響について言及。輸送事業者と荷主企業のマッチングを担う物流情報サービス事業に関しては「荷動きはさらに鈍化し、厳しい事業環境となる」との想定を明らかにした。一方、「ドライバー不足という構造上の問題は解決しておらず、運賃単価は大幅に下落しない」とも指摘しており、大きく収益が悪化する可能性は低いとの見解を示唆した。

物流センター運営などのロジスティクスマネジメント事業は、取り扱う品目のメーンが消費財のため、物量は増えると見込んでおり、特に生活衛生品や食品などの生活必需品、生協の宅配は大きく伸びると予測している。新型コロナウイルスの感染拡大で小売店舗が営業を自粛する動きが出ているが、同社は「顧客の小売店舗休業による物量減が業績に与える影響は微減」と説明している。

生産請負や人材派遣などのインダストリアルサポート事業は、自動車関連の工場で閉鎖や減産の動きが出ているため、取り扱いが大きく減ると悲観的な見方を明らかにしている。

21年3月期の業績予想は「未定」と開示している。

(藤原秀行)※ロゴマークはトランコム資料より引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事