新型コロナウイルス感染症への対応について

ウェザーニューズ、最適輸送計画支援サービスを9月末まで無償提供

ウェザーニューズ、最適輸送計画支援サービスを9月末まで無償提供

車両・人員の調整など気象リスク面からサポート

ウェザーニューズは5月14日、物流業や製造業向けの最適輸送計画支援サービスを9月末まで無償で提供すると発表した。

今後、梅雨や台風の季節を迎える前に、車両や人員の調整などを気象リスク低減の面からサポート。新型コロナウイルスの感染拡大で生活必需品や医薬品の安定輸送ニーズが高まっているのに対応する。

同サービスは、路線ごとに通行止めや規制の可能性を5日先まで4段階で予測するサービス。気象見解や輸送におけるリスクを補足する解説情報も併せて提供しており、利用者は輸送に影響を及ぼす路線や時間帯を事前につかみ、事前に対策を講じておくことができるのが特徴。


通行止めや規制などの輸送におけるリスク情報のイメージ


気象見解と輸送リスクを補足する解説情報のイメージ(いずれもウェザーニューズプレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事