新型コロナウイルス感染症への対応について

クックパッド、JA横浜などと連携し地産地消型の農畜産物・食材販売を開始

クックパッド、JA横浜などと連携し地産地消型の農畜産物・食材販売を開始

専用の共同集荷場を設置、販路拡大支援

クックパッドは5月19日、JA横浜やJA神奈川県信連、農林中央金庫と連携し、地産地消型の農畜産物・食材販売を同22日に始めると発表した。同社が展開している生鮮品のECサイト「クックパッドマート」で取り扱う。

クックパッドマートにJAが出店するのは初めて。JA横浜の営農経済センターみなみ集荷場(横浜市)にクックパッドマートの共同集荷所を設置。JA横浜が出店者となり、市内農家が生産した横浜産の農畜産物・食材をEC経由で販売する。

共同集荷所はJA横浜以外の地域生産者・販売者向けの共同集荷サービスも順次開始する予定。今後はJA横浜の運営する他の施設・直売所にも共同集荷所を展開し、横浜全域の生産者に共同集荷サービスを提供、販路拡大に貢献していきたい考えだ。クックパッドとしても品ぞろえを拡充し、ECの利便性向上を図る。

クックパッドマートは、店舗や集合住宅などに設置した専用の生鮮宅配ボックス「マートステーション」に収められた商品を取り出す仕組み。今年4月には一部エリアで宅配も開始した。


共同集荷場の対応可能エリアとイメージ(クックパッド提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)※写真もクックパッド提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事