新型コロナウイルス感染症への対応について

山九、タイ最大の工業団地隣接地に9939平方メートルの物流センター新設

山九、タイ最大の工業団地隣接地に9939平方メートルの物流センター新設

定温倉庫も備え多様な荷物受け入れ可能

山九は6月1日、タイの現地法人を通じ、同国最大の工業団地「アマタシティチョンブリ工業団地」の隣接地で新たな拠点「山九アマタナコンフレイトセンター」を開設したと発表した。

平屋建てで、倉庫面積は9939平方メートル。バンコク港へ車で約1時間、レムチャバン港やスワンナプーム国際空港には1時間以内でアクセス可能。2013年に開設した隣接している既存倉庫(9875平方メートル)と一体的に運営し、多様な荷物を取り扱う方針。

主要取り扱い貨物は空調製品と部品、自動車部品、化成品などを対象とした一般貨物を予定している。22度から28度で保管できる定温スペース(1071平方メートル)も設置しており、温度管理が必要な食品や高機能部材なども受け入れられる。


新倉庫の外観(山九プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事