新型コロナウイルス感染症への対応について

ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、ギークプラスの物流ロボット12台を静岡の拠点に導入

ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、ギークプラスの物流ロボット12台を静岡の拠点に導入

ピッキングに活用、スタッフの歩行距離大幅削減見込む

協栄産業は6月17日、取り扱っている中国系の物流ロボットメーカーGeek+(ギークプラス)の物流ロボット「EVE」を、ソニーグループで要素技術開発支援などを手掛けるソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ(東京・港南)の製造拠点「湖西サイト」(静岡県湖西市)に12台納入したと発表した。

同拠点のピッキング業務用に採用されており、保守サービスも提供している。協栄産業によると、人手不足対策と労働環境改善のために導入。EVEがピッキングの対象となる製品を納めた棚の下に潜り込んで持ち上げ、スタッフの元まで運ぶことで、スタッフが庫内を歩き回る距離を大幅に短縮できると見込む。

協栄産業は、EVEの採用で業務効率を3倍以上に高めることが可能と説明している。


納入したEVEと現場での使用イメージ(協栄産業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事