新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】IMF、20年の世界経済成長率をマイナス4・9%に再度下方修正

【新型ウイルス】IMF、20年の世界経済成長率をマイナス4・9%に再度下方修正

コロナで深刻な打撃、2年間で損失1300兆円と予想

国際通貨基金(IMF)は6月24日、世界の経済見通しを改定した。2020年の成長率はマイナス4・9%で、今年4月に公表した際のマイナス3・0%から1・9ポイント下方修正した。今年1月時点はプラス3・3%とみていたが、2回続けての大幅な引き下げとなった。

新型コロナウイルスの感染拡大で世界全体の景気が深刻な打撃を受けていることを反映させた。IMFは「世界恐慌以降では最悪の景気後退になる」と分析。20~21年にかけて世界全体で12・5兆ドル(約1300兆円)の損失を被るとの悲観的な見通しを示した。

21年の成長率に関しても、4月時点から0・4ポイント引き下げてプラス5・4%と予想。新型コロナウイルスの感染が再燃した場合はほぼゼロ成長となる可能性があると警告した。

20年の成長率については、米国はマイナス8・0%、英国はマイナス10・2%、日本もマイナス5・8%など、主要国がそろって悲惨な状況になると見込む。中国はプラス1・0%とかろうじて成長を維持するものの、インドはマイナス4・5%、感染者が急増するブラジルはマイナス9・1%など、新興国も経済不振に陥るとのスタンスを表している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事