新型コロナウイルス感染症への対応について

CRE、埼玉・飯能で8・4万平方メートルの大型物流施設完成

CRE、埼玉・飯能で8・4万平方メートルの大型物流施設完成

8割以上が契約済み、火災場所をスマホで瞬時伝達の新システム採用

シーアールイー(CRE)は6月30日、埼玉県飯能市で大型物流施設「ロジスクエア狭山日高(飯能)」が完成したと発表した。大手荷主系物流企業やメーカーの入居が決まっており、賃貸面積の8割以上で契約済みという。7月から順次稼働する。

新施設は地上5階建て、延べ床面積は8万4132平方メートル。圏央道の狭山日高ICから約700メートルに位置し、24時間稼働が可能。

2、3階には出庫車両専用スロープを設け、交互通行に伴う場内車両渋滞や接触事故防止に配慮。庫内の表示は視認性の高いデザインを採用し、安全性にも留意している。


「ロジスクエア狭山日高(飯能)」の外観(以下、写真は全てCRE提供)


コンテナやパレットなどをモチーフとしたカフェテリア

入居テナントの将来ニーズ対応として、垂直搬送機や庫内階段の追加設置(3~4階)、事務室の増設、倉庫内の空調機設置などにも一定の対応ができる仕様を採用。倉庫業法の基準適合確認制度の認定を受け、テナント企業が営業倉庫登録を行う際の手続きを簡素化、スムーズな施設運用を可能とする予定。

最上階の5階には約150人が同時に利用できるカフェテリアや売店スペース、富士山も眺望できる屋上テラスなどの共用アメニティー設備を配置。無料Wi-Fi やBGM放送設備を設け、就労者の職場環境向上に注力している。内装やファニチャーにコンテナやパレットといった倉庫空間をモチーフとした素材を選定、施設全体のデザイン的統一感を演出している。

BCP(事業継続計画)対策としては、防災設備大手の能美防災が開発した防災支援システム「TASKis」を導入。火災時に従業員や施設管理者らのスマートフォンに施設内のどの場所で火災が発生しているかなどの情報を瞬時に伝達できるようにし、避難や消火といった自衛消防隊の活動支援を施設全体で効率的に進めることができる国内初の施設にしている。

屋上には災害時の消防隊による救助用としてヘリコプターのホバリングスペースを設置し、緊急地震速報システムの導入やAED(除細動器)の採用などにも取り組んでいる。


視認性の高い独自のサインを施した庫内

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事