メルマガの配信元アドレスが変更となりました

貿易業務効率化のプラットフォーム名を「DIGITRAD」に変更

貿易業務効率化のプラットフォーム名を「DIGITRAD」に変更

スタートアップのSTANDAGE、デジタル技術全面に

貿易業務効率化を総合的に支援するプラットフォームサービスを運営しているスタートアップ企業のSTANDAGE(東京・芝)は7月1日、サービス名称を従来の「Shake Hands Contract」(シェイクハンズコントラクト、SHC)から「DIGITRAD」(デジトラッド)に変更したと発表した。

伝統的な貿易をデジタル化することで決済などの手続きを安全かつ効率良く行えるようにするとの狙いをより全面に打ち出している。サービス内容自体に大きな変更はない。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


「DIGITRAD」のロゴマーク(STANDAGE提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事