メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】AGVの自己位置推定精度、世界最高レベルのプラスマイナス1センチメートル実現

【動画】AGVの自己位置推定精度、世界最高レベルのプラスマイナス1センチメートル実現

リンクスが日本取り扱い初、フィンランド製ナビゲーションソフトなど公開

製造現場向け自動化機器の輸入販売などを手掛けるリンクス(東京・上大崎)は7月2日、フィンランドのAGV(無人搬送機)メーカー、Navitec(ナビテック)が開発・製造する自律走行型AGV用ソフトウエア2種類の取り扱いを今年3月に日本で初めて開始したと発表した。

物流施設や工場などでAGVを支障なく走行させるナビゲーションソフトウエア「Navitrol(ナビトロール)」と、メーカーが異なる複数のAGVでもまとめて管理できるフリーコントロール・ソフトウエア「Navithor(ナビサー)」。リンクス本社内で同日、実際にAGVを使ったナビトロールのデモンストレーションをメディアに公開した。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

ナビトロールはAGVに搭載しているセンサーやカメラなどを用いて周辺の障害物などのデータを取得、地図を作成し自分の居場所を推定する。必要な機能を備えていればどのメーカーのAGVでも基本的に対応する。

旧来のようにAGVを導くため床に磁気テープやQRコードを貼ったり、壁に反射板を置いたりしなくても済む上に、周辺の壁が20%程度見えていれば自己位置をつかめるという。また、設定した停止位置からのずれがプラスマイナス1センチメートルと世界最高レベルの精度を実現。停止の目安となるターゲットマーカーが不要になる。周辺の障害物をスムーズに回避することも可能。


ナビトロールの画面。周囲の状況を自動的に把握し、走行ルートを簡単に設定できるのが特徴※クリックで拡大


指定した場所でぴったりストップ

リンクスの村上慶代表取締役は、ナビテックの専用ツールを投入することでAGVによる業務効率化の仕組み構築期間を大手国内AGV専用メーカーの4分の1まで短縮できると説明。「物流業界からの引き合いが非常に増えている」と語り、物流施設や自動車メーカーを中心とした製造現場を対象に営業を展開、2027年に10億円程度の売り上げを目指す考えを示した。


プレゼンテーションに臨む村上代表取締役

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事