新型コロナウイルス感染症への対応について

プリファードネットワークス、アームと作業用ハンド備えた自律移動ロボットの量産目指す

プリファードネットワークス、アームと作業用ハンド備えた自律移動ロボットの量産目指す

21年まで実証実験、無人搬送や消毒への活用想定

AI(人工知能)開発を手掛けるスタートアップ企業のPreferred Networks(プリファードネットワークス、東京・大手町)は6月22日、開発中の移動型マニピュレーターロボットを無人搬送や消毒に使う実証実験を始めると発表した。

2021年2月までの間、ロボットのハードウエアの量産設計を進め、工場や病院、オフィスなどさまざまな施設で実験を重ねて実用化を加速させる。ロボット開発のプロジェクトは経済産業省の補助事業の対象に採択されている。

ロボットはアームと作業用ハンドを備え、自律移動が可能。制御用ソフトウエアからハードウエアまで設計・開発を同社が一元的に進めている。専門知識がなくても一般の家電のように自由にロボットを使えるようにするのが目標だ。

同社はトヨタ自動車と日常生活支援のためのロボット開発に共同で取り組むなど、ソフトウエアの研究開発に注力しており、ハードウエアの分野でも取り組みを拡充して産業現場の人手不足解消などへの貢献を図る。


移動型マニピュレーターロボットのイメージ(実際に開発中のものとは異なる、プリファードネットワークス ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事