新型コロナウイルス感染症への対応について

【九州豪雨】九州道・八代IC~人吉IC間の通行止め解除、国道の代替路無料措置も開始

【九州豪雨】九州道・八代IC~人吉IC間の通行止め解除、国道の代替路無料措置も開始

長崎道などの10区間は依然不通

九州地方を襲った豪雨の影響で通行止めが続いていた九州自動車道の八代IC~人吉IC間で、7月7日朝に通行止めが解除された。

ただ、人吉ICから一般道(国道219号、国道221号、国道265号、国道267号)経由で宮崎・鹿児島方面へは行くことができないため、西日本高速道路(NEXCO西日本)は「鹿児島方面へは、道路情報板の案内に従って、八代JCTから南九州道へのう回をお願いしたい」と呼び掛けている。

併せて、並走している国道219号が不通のため、八代IC~人吉IC間を代替路として設定、この区間に限って通行料を無料とする措置を開始した。

NEXCO西日本によると、7月7日午前8時すぎの時点で、九州エリアは以下の高速道路が通行止めとなっている(いずれも上下線)。

▼九州自動車道
えびのIC~人吉IC、熊本IC~筑紫野IC
▼長崎自動車道
長崎IC~東そのぎIC、多久IC~鳥栖JCT
▼大分自動車道
日出JCT~鳥栖JCT
▼東九州自動車道
日出JCT~椎田南IC、大分IC~日出JCT
▼長崎バイパス
西山町~長崎多良見IC、昭和町~川平IC
▼日出バイパス
日出IC~速見IC

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事