新型コロナウイルス感染症への対応について

【九州豪雨】九州道や大分道などで再び通行止めの可能性

【九州豪雨】九州道や大分道などで再び通行止めの可能性

NEXCO西日本が予測差し替え

西日本高速道路(NEXCO西日本)は7月10日、同日午後4時時点の降雨予測を基に、今後24時間以内に通行止めとなる可能性がある高速道路の区間を公表した。

同日午前10時点の降雨予測を基にした見通しでは、可能性のある区間はなくなっていたが、複数箇所で再び可能性が浮上している。

なお、盛り土のり面が崩落した京都縦貫自動車道の沓掛ICと、のり面に変状が見つかった東九州自動車道の末吉財部IC~国分IC間は通行止めが続いている。

このほかは、以下の通り(いずれも上下線)。

▼7月10日 午後5~11時 通行止め開始見込み
・九州自動車道 みやま柳川IC~植木IC

▼7月10日 午後11時~11日 午前5時 通行止め開始見込み
・大分自動車道 日田IC~玖珠IC

▼7月11日 午前5~11時 通行止め開始見込み
・九州自動車道 広川IC~みやま柳川IC
・長崎自動車道 嬉野IC~東脊振IC
・大分自動車道 朝倉IC~日田IC

▼7月11日 午前11時~午後5時 通行止め開始見込み
・九州自動車道 植木IC~御船IC、鹿児島空港溝辺IC~栗野IC
・南九州自動車道 市来IC~鹿児島西IC
・東九州自動車道 椎田IC~中津IC
・中国自動車道 庄原IC~東城IC

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事