新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマトと岐阜の八幡観光が路線バスで客貨混載を開始

ヤマトと岐阜の八幡観光が路線バスで客貨混載を開始

運行開始前に支店へ立ち寄り荷物積載

ヤマト運輸は7月13日、岐阜県郡上市の八幡観光バスと共同で、路線バスの空いたスペースで宅配便の荷物を運ぶ「客貨混載」を同日始めると発表した。

従来はヤマトの郡上支店から岐阜県内の和良エリアまで往復24キロメートルを同社の集配者が1時間半要して運行していた。今後は八幡観光バスの路線バス和良線で、運行開始前にバスが同支店へ立ち寄り、荷物を積み込んだ上で、郡上市民病院前~美山間を輸送。バス停で待機しているヤマトのドライバーへ荷物を引き継ぐ流れとなる。

地方エリアで宅配の業務効率を上げたいヤマトと、利用者減少に悩む路線バスの新たな収益源を確立したい八幡観光バスの思惑が一致した。


客貨混載の概要(ヤマト運輸プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事