新型コロナウイルス感染症への対応について

アマゾンとライフの生鮮品・総菜宅配、新たに大阪市内で開始

アマゾンとライフの生鮮品・総菜宅配、新たに大阪市内で開始

16区を対象エリアに追加、関東と関西の双方でサービス拡大へ

アマゾンジャパンとライフコーポレーションは7月16日、アマゾンの有料会員向けサービス「Prime Now(プライムナウ)」でライフと連携して提供している生鮮食品や総菜のインターネット販売・宅配に関し、新たに関西エリアで同日、提供を始めたと発表した。

現在は東京23区と4市(狛江市、調布市、三鷹市、武蔵野市)で取り扱っており、大阪市内の阿倍野、中央、港など16区を対象エリアに追加した。両社は今後、関東と関西の双方で配送エリアを順次広げていく構えだ。

ネット販売の配送時間は正午から午後10時の間、2時間単位で指定可能。生鮮食品や総菜、パンなど合計数千点の商品を取りそろえている。


ライフの専門スタッフが店頭の商品を選び、配達する(両社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事