新型コロナウイルス感染症への対応について

三菱自動車、パジェロ製造撤退と岐阜工場閉鎖を発表

三菱自動車、パジェロ製造撤退と岐阜工場閉鎖を発表

21年上期に生産停止へ

三菱自動車は7月27日、100%子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)の生産を2021年上期に停止、工場を停止すると発表した。

かつては人気を集めたが現在は販売が低迷しているパジェロの製造から完全に撤退。同社で生産しているミニバンのデリカやSUV(多目的スポーツ車)のアウトランダーは三菱自の岡崎工場(愛知県岡崎市)に移管する。関連費用約81億円を21年3月期の第1四半期(4~6月)決算に計上した。

パジェロは1982年発売。三菱自を代表する車種として製造を続けてきたが、19年に国内販売を終え、現在はアジアなどへの輸出向けに絞っている。

新型コロナウイルスの感染拡大による新車需要減少を受け、三菱自は事業構造改革を推進する方針で、パジェロ撤退もその一環だ。

三菱自は併せて、欧州向け新規商品投入を凍結することも決めた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事