新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】アスクルグループの東京・青海センターで従業員1人が陽性判明

【新型ウイルス】アスクルグループの東京・青海センターで従業員1人が陽性判明

業務エリアは消毒完了まで一部使用停止

アスクルは7月30日、物流子会社のASKUL LOGIST(アスクルロジスト)が運営している物流センター「DCMセンター」(東京・江東区青海)に勤務する従業員1人が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判明したと発表した。

当該従業員が仕事に当たっていたエリアは消毒が終わるまで一部使用停止とするとともに、濃厚接触者の特定など対応を進めている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事