新型コロナウイルス感染症への対応について

アスクル、埼玉・三芳町の物流施設火災で古紙回収大手の宮崎に101億円の損害賠償求め提訴

アスクル、埼玉・三芳町の物流施設火災で古紙回収大手の宮崎に101億円の損害賠償求め提訴

フォークリフトの不適切な使用で出火と指摘、対応協議も合意に至らず

アスクルは8月6日、2017年2月に当時埼玉県三芳町で運営していた大型物流施設「ASKUL Logi PARK首都圏」が全焼した火災に関連し、古紙回収大手の宮崎(愛知県清須市)の過失で出火、多大な損失を被ったとして、約101億600万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したと発表した。

アスクルによると、同センターの端材置き場で使用済み段ボールなどを継続的に宮崎へ引き渡していたが、出火当日、宮崎の従業員がフォークリフトの不適切な使用などで火災を引き起こしたと指摘。アスクルは消防作成の火災原因判定書を確認の上、19年4月以降、宮崎と損害賠償の対応などについて協議を重ねてきたが、合意に至らなかったという。

アスクルは「協議による解決が困難と判断、訴訟の提起に至った」と説明している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事