新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】4~6月期実質GDP、年率27・8%減と過去最大の落ち込み

【新型ウイルス】4~6月期実質GDP、年率27・8%減と過去最大の落ち込み

コロナ禍で個人消費激減、3四半期連続のマイナス成長に

内閣府が8月17日発表した2020年4~6月のGDP(国内総生産)速報値は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前期(1~3月)比7・8%減、この成長ペースが1年間継続したと想定した場合の年率換算では27・8%減となった。3四半期連続のマイナス成長を記録した。

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響で個人消費が激減したことなどが逆風となり、データが比較可能な1980年以降では、リーマンショック後の09年1~3月期(年率17・8%減)を上回る過去最大の減少幅を記録した。物価変動の影響を反映し、生活実感に近い名目ベースでも前期比7・4%減、年率換算で26・4%減と大きな落ち込みを見せた。

7~9月はある程度の回復が見込まれるものの、新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しがなかなか明確に感じられない中、先行きの不透明感が強まっている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事