新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤフーとヤマト運輸、ネットオークションやフリマでポスト投函型配送サービスを9月1日に値下げ

ヤフーとヤマト運輸、ネットオークションやフリマでポスト投函型配送サービスを9月1日に値下げ

「非対面型」の配送普及へ連携強化、置き配対応も今秋開始

ヤフーとヤマト運輸は8月24日、インターネットオークションサービス「ヤフオク!」とフリマアプリ「PayPayフリマ」で、配達スタッフと受け取る人が直接対面しない「非対面型」の配送普及で連携を強化すると発表した。

今年9月1日から、両社が手掛けている全国一律の配送サービス「ヤフネコ!パック」の中で、住戸のポストに直接投函する「ネコポス」の送料を、出品者負担の場合は従来の195円から個人間取引の中で「ネコポス」最安の170円に変更。落札者負担の場合も225円から210円に引き下げる(いずれも税込み)。

さらに利用者が荷物の置き場所を指定可能な「置き配」をはじめ、さまざまな受け取り方が選択できるEC向け配送商品「EAZY(イージー)」を「PayPayフリマ」で今秋導入する。

併せて、8月24日から一般ユーザー向けに、無人宅配ロッカー「PUDOステーション」の設置希望アンケートを「ヤフネコ!パック」の専用ウェブサイト上で実施する。


非対面型配送推進のイメージ(両社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事