新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】ファミリーマートとTelexistence、コンビニ店舗業務担う遠隔操作ロボットの試験運用開始

【動画】ファミリーマートとTelexistence、コンビニ店舗業務担う遠隔操作ロボットの試験運用開始

第1弾はペットボトル飲料の陳列、22年までに最大20店舗への展開目指す

ファミリーマートは8月26日、ロボット開発を手掛けるスタートアップ企業のTelexistence(テレイグジスタンス=TX、東京都港区西新橋)と共同で、コンビニ店舗で商品の検品や陳列の業務を遠隔操作ロボットで行う試験運用を開始したと発表した。

TXの東京・虎ノ門オフィスから操縦者がVR(仮想現実)端末を使い、東京都豊島区南池袋の「ファミリーマートとしまエコミューゼタウン店」に置かれたロボット「Model-T(モデルT)」を操作。第1弾として、店舗のバックヤードの飲料売り場でペットボトル飲料の陳列を手掛け、作業の速度や精度を検証する。

今後はおにぎりやサンドイッチ、お弁当など対象の商品を随時拡大。2022年までに最大20店舗への展開を目指す。両社は「工数が大きい商品検品・陳列業務を遠隔操作化・自動化することで、店舗の省人化や物理的な店舗立地に制約されない自由度の高いスタッフ採用が可能な、ロボティクスを軸にした全く新しい店舗オペレーション基盤を開発する」と説明している。

多店舗で展開できる取り組みはファミリーマート全店へ順次導入していくことも検討する考えだ。


「Model-T」


遠隔操作の様子(いずれもファミリーマートウェブサイトより引用)

動画はコチラから(ファミリーマートウェブサイト)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事