テラドローン、アンゴラに現地法人設立

テラドローン、アンゴラに現地法人設立

UAVによる点検サービス企業と連携、産業利用開拓

テラドローンは5月8日、アフリカのアンゴラでドローン(小型無人機)を活用した点検サービスを手掛けているオーシャン・アトランティック・インターナショナルと出資契約を締結したと発表した。併せて、オーシャン社と合弁で現地法人「テラドローンアンゴラ」を立ち上げた。


握手するテラドローンの塩川巧氏(中東アフリカ事業開発責任者)とノリバルド・アルメイダ氏(アンゴラ事業開発責任者)

オーシャン社は石油メジャーに対し、ドローンを使った石油・ガス採掘設備の安全点検を提供している。地下資源が豊富で今後も経済成長が見込める同国で、オーシャン社と連携し石油・ガスなど産業用ドローン市場の開拓を図る。出資額など詳細は開示していない。

テラドローンは「ドローンを使用した地形測量サービスや設備点検サービスの提供を通じて、現地の経済発展に貢献していく」と話している。


海洋掘削用の石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO、右)の点検を行う作業員
(いずれもテラドローンプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事