新型コロナウイルス感染症への対応について

ファーストリテイリング、大阪に国内2カ所目のEC専用自動倉庫開設へ

ファーストリテイリング、大阪に国内2カ所目のEC専用自動倉庫開設へ

大和ハウスが開発、事業拡大へ布石

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、大阪府茨木市で国内2カ所目となるEC専用の自動倉庫を今秋開設する方向で準備を進めていることが分かった。大和ハウス工業が開発を進めている物流施設に入居する予定。

ファーストリテイリングは売上高に占めるEC率を中長期的に引き上げていくことを目指している。東京都江東区有明に展開しているEC専用自動倉庫と合わせて東西2拠点とし、西日本エリアへのEC商品出荷をより迅速化していく狙いがあるとみられる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小売業界全体でECの利用が拡大していることもあり、事業拡大へ布石を打っている。

ファーストリテイリングは大和ハウスのほか、マテハン機器大手のダイフクや産業用ロボット開発を手掛けるMUJINなどと組み、国内外で倉庫の自動化に取り組んでいる。大阪・茨木の倉庫も両社などの協力を得てピッキングロボットといった先進技術を積極的に活用していくもようだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事