新型コロナウイルス感染症への対応について

鈴与、本社1階に309平方メートルの執務スペースを開設

鈴与、本社1階に309平方メートルの執務スペースを開設

98席確保、自由に場所選んで仕事可能に

鈴与は9月25日、本社の1階に新たな執務用スペース「LIGHTHOUSE(ライトハウス)」を開設したと発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務など新たな勤務形態が広がっているのを受け、社員が業務内容に応じて自由に場所を選んで仕事できるスペースを提供。業務の生産性や効率の向上を後押しする。

広さは約309平方メートル、98席を確保。手前側にコミュニケーションスペース、奥に行くほど周りを気にせず仕事に集中できる座席を配置し、社員がスペース内で密集しないよう配慮している。観葉植物も置き、リラックスできる要素も取り込んでいる。


「LIGHTHOUSE」の内部(鈴与提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

雇用/人材カテゴリの最新記事