新型コロナウイルス感染症への対応について

センコーとランテック、中国・北京に冷凍・冷蔵センター開設

センコーとランテック、中国・北京に冷凍・冷蔵センター開設

現地の物流大手シノトランスエアと合弁

 大手、中外運空運発展股份有限公司(シノトランスエア)と設立した合弁会社が、同国の北京市内で冷凍・冷蔵機能を有する「北京物流センター」を11月1日に稼働させると発表した。

 合弁会社の創設後としては初のセンター立ち上げになる。新センターは賃借物件で地上2階建て、延べ床面積9379平方メートル、このうち倉庫スペースは8615平方メートル。

 北京首都国際空港から5キロメートルの好立地を生かし、同国内のコールドチェーン需要獲得を目指す。

(藤原秀行)


新センターが入る建物の外観(センコー、ランテック提供)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事