新型コロナウイルス感染症への対応について

アリババの物流企業「菜鳥網絡」、日本市場参入を発表

アリババの物流企業「菜鳥網絡」、日本市場参入を発表

東京など4カ所に倉庫配置、配送から通関まで多様なサービス提供

中国のEC大手アリババグループは11月11日、グループで物流を手掛ける菜鳥網絡(Cainiao Smart Logistics Network)が日本市場に参入したと発表した。配送から倉庫管理、国際輸送、トラック輸送、通関など多岐にわたってサービスを手掛けていく方針。

BtoB領域を扱う倉庫を横浜と神戸に、BtoC領域を担う倉庫を東京と大阪にそれぞれ配置。倉庫面積は横浜が1万平方メートル、神戸が1万9000平方メートル超、東京が2万平方メートル、大阪が1万3000平方メートルという。

アリババは「日本市場において菜鳥の物流サービスを利用し、配送効率を40%引き上げ、輸送におけるリードタイムを18~22日から11~13日に短縮できた企業もある」と成果を強調している。

アリババによれば、菜鳥は日本通運、4PX、シノトランス(Sinotrans)、宏遠グループ(Hongyuan Group)と提携し、ファーストマイルとラストマイル輸送の追跡リソース(トラッキングリソース)を提供。日本と中国での通関手続きの迅速化を図っている。

菜鳥のグローバル・サプライチェーン部門を担当するゼネラル・マネージャーの趙剣氏は「日本市場はわれわれにとって常に重要なマーケットである。当社は日本企業の輸出入の事業成長をサポートしていきたい。より強力な物流基盤を提供し、テクノロジーを活用することで、より効率の良いスムーズな運用を実現できる。日本企業に菜鳥のエンドツーエンドの物流とサプライチェーン・ソリューションを提供し、国際貿易を促進し、企業の収益源の増大に貢献していきたい」とのコメントを発表した。


菜鳥のスマート倉庫(アリババ提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事