新型コロナウイルス感染症への対応について

仙台空港運営会社、東北大発ベンチャーから物流業務受託

仙台空港運営会社、東北大発ベンチャーから物流業務受託

足こぎ型車いすの在庫管理など担当、コスト削減をサポート

仙台空港を運営している仙台国際空港は11月16日、東北大発のベンチャー企業でペダル付き足こぎ車いす「COGY(コギー)」を手掛けるTESS()と物流に関する業務受託契約を結んだと発表した。

コギーは既に国内外で約6000台の販売実績がある。仙台国際空港はコギーの検査や在庫管理などを担う予定。TESSの作業・保管場所確保によるコスト抑制などをサポートする。

仙台国際空港は「貨物事業として荷主のニーズに合わせ、さまざまな付加価値の提案を行い、他空港などの物流拠点との差別化による優位性の訴求を図り、新たな貨物需要の創出を目指し、仙台空港を拠点とした物流の活性化に貢献していく」とコメントしている。


車いす「COGY」(仙台国際空港提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事