メルマガの配信元アドレスが変更となりました

「初期投資ゼロ」の倉庫など向け太陽光発電サービスで提携

「初期投資ゼロ」の倉庫など向け太陽光発電サービスで提携

シャープエネルギーソリューションと東京電力ベンチャーズ、導入のハードル下げる狙い

シャープエネルギーソリューション(SESJ)と東京電力ベンチャーズは12月16日、「初期投資ゼロ」の法人向け太陽光発電サービス(オンサイトPPAモデル)提供で同1日に提携を開始したと発表した。

初期投資や長期にわたる設備の維持管理の負担をなくし、太陽光発電システム導入へのハードルを下げるのが狙い。工場や倉庫、店舗などの屋根、遊休地にシステムを設置することを想定している。

東京電力ベンチャーズがシステム導入の初期費用を負担した上で、同設備を設置・所有・運用し、顧客に電気を供給。SESJはシステムの機器供給、設置工事と保守・メンテナンスを手掛け、長期の安定稼働をサポートする。

サービスは築20年以内で契約電力が500キロワット以上の食品工場、パルプ工場、冷凍倉庫、大型店舗、データセンターなどの導入に適していると説明している。

(藤原秀行)

詳細はコチラから(シャープホームページ)

その他カテゴリの最新記事