メルマガの配信元アドレスが変更となりました

マーキュリアインベストメント運営ファンド、京都のイーテック物流に投資

マーキュリアインベストメント運営ファンド、京都のイーテック物流に投資

コールドチェーン需要拡大踏まえ、成長の可能性見込む

マーキュリアインベストメントは12月25日、国内の中堅企業の事業承継や成長を支援する「マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合」が京都・滋賀を地盤とするイーテック物流(京都府八幡市)に投資、資本参加したと発表した。具体的な金額は開示していない。

イーテック物流は1987年設立。トラック輸送や倉庫運営を手掛け、ドライやチルド、冷凍の輸送にも対応している。コールドチェーンの需要が拡大していることなどから成長の可能性が見込めると判断した。

マーキュリアが伊藤忠商事と共同で運営している、不動産・物流業界向けの「マーキュリア・ビズテック投資事業有限責任組合(BizTechファンド)」で投資した企業とも連携、イーテック物流の事業基盤強化を後押しする計画。


イーテック物流の本社(以下、いずれもマーキュリアインベストメント提供・クリックで拡大)


イーテック物流の保有トラック

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事