メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR貨物、作業利便性向上へトラックドライバー用アプリを全国6駅で試運用へ

JR貨物、作業利便性向上へトラックドライバー用アプリを全国6駅で試運用へ

列車やコンテナの位置情報など確認可能、持ち込み・持ち出し時間予約も

JR貨物は1月13日、作業利便性向上へ「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の試運用を全国6駅で2021年度下期に始めると発表した。

コンテナを扱うドライバー向けに、貨物列車やコンテナの位置情報などを検索できるようにし、荷役作業の効率向上や省力化にもつなげる狙い。

事前にコンテナの持ち込み・持ち出し時間を予約できる機能も持たせる。フォークリフトオペレーターの荷役作業と駅構内の混雑状況が可視化され、スムーズな荷物の受け渡しと利用運送事業者の効率的な配車計画を後押しする。

導入は函館貨物駅、仙台貨物ターミナル駅、隅田川駅、静岡貨物駅、百済貨物ターミナル駅、北九州貨物ターミナル駅でスタート。利用状況や課題などを見極めながら、22年度中に全国のコンテナ取扱駅に順次展開していくことを予定している。

(藤原秀行)

トラックドライバー用アプリの詳細はコチラから(JR貨物ウェブサイト)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事