メルマガの配信元アドレスが変更となりました

Rapyuta Robotics、物流ロボットの群制御プラットフォーム開発へ

Rapyuta Robotics、物流ロボットの群制御プラットフォーム開発へ

東京都のプロジェクトに採択、異なる種類同志でも適切管理可能に

Rapyuta Robotics(ラピュタロボティクス)は1月21日、複数の物流ロボットを効率的に制御できるプラットフォームの開発に着手したと発表した。

東京都が主催している「未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクト」に採択された。プロジェクトにはモノフルや安川電機、IDECファクトリーソリューションズなども参加。Rapyuta Roboticsのロボット導入支援プラットフォーム「rapyuta.io」で実行している複数台のロボットや種類が異なるロボットの制御を活用、より使いやすいよう汎用化することを目指す。併せて、システム導入に携わる人材教育の環境整備なども図る。


東京都のプロジェクト概要(Rapyuta Robotics提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事