画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井グループ、バイオ燃料使ったばら積み貨物船の試験航行を実施へ

商船三井グループ、バイオ燃料使ったばら積み貨物船の試験航行を実施へ

米石油大手から調達、15~20%のCO2排出削減効果を期待

商船三井は6月10日、グループ会社の商船三井ドライバルクが中国総業(広島県福山市)から傭船しているパナマックス型ばら積み貨物船 「C.S. OLIVE」で、6月下旬をめどにバイオ燃料を使った試験航行を実施すると発表した。

バイオ燃料は商船三井と米石油大手シェブロンのシンガポール法人との間で供給契約を締結済み。同船はシンガポール港でバイオマスやリサイクル原材料の持続可能性に関する認証制度ISCC(International Sustainability & Carbon Certification)が認証した約500トンのバイオ燃料を補油する予定。

今回使用するバイオ燃料は、船舶の既存のディーゼルエンジンの仕様を変えずに使用することが可能。原料は適合油以外に20~24%の割合で廃食油を利用しており、従来の化石燃料と比べ15~20%のCO2排出削減効果が期待できるという。


C.S. OLIVE(プレスリリースより引用)

バイオ燃料は、2021年6月に発表した「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」で、化石燃料に替わる有効な代替燃料の1つと位置付けており、商船三井グループは今後もバイオ燃料の導入を積極的に促進し、海上輸送過程の温室効果ガス排出削減への貢献を目指す。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事