メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLPが沖縄初進出、地元物流企業あんしん向けBTS型物流施設開発へ

日本GLPが沖縄初進出、地元物流企業あんしん向けBTS型物流施設開発へ

6・2万平方メートル、県内最大規模

※末尾のGLP投資法人のくだりを挿入しました

日本GLPと沖縄県内の物流大手あんしん(同県浦添市)は1月21日、同市内で延べ床面積約6万2000平方メートルのBTS側物流施設「GLP沖縄浦添」を開発すると発表した。日本GLPは沖縄初進出となる。

新施設はあんしんが入居し、今年10月着工、2023年2月の竣工を見込む。地上4階建てで、県内の物流施設としては最大規模になるとみられる。3階へのスロープを設け、2フロア(1~2階、3~4階)で効率的なオペレーションができるよう配慮。バースを設置する1・3階はブレース(筋交い)がない構造を採用し、搬入出業務の効率性を高める。

さらに、重量物や大型パレットに対応する床荷重設定、垂直搬送機や貨物専用エレベーターの設置も計画している。

浦添市は県庁所在の那覇市に隣接しており、新施設は那覇港から約8キロメートル、那覇空港から約11・5キロメートルのエリアに位置している。県内の広域搬送拠点として活用できる見通し。

あんしんは浦添市の牧港地区で用地を取得、新たな物流センターを整備する構想を推進してきた。開発に際し、国土交通省から総合物流効率化法に基づく認定を受けており、県内に分散している物流拠点の集約などでCO2排出削減と交通渋滞緩和への貢献を目指す。

「GLP沖縄浦添」に関しては、JリートのGLP投資法人が1月21日、完成後の購入に関する優先交渉権を取得したと開示している。


新施設の完成イメージ(両社プレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事