メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ナビタイムジャパン、「開かずの踏切」考慮した経路に対応

ナビタイムジャパン、「開かずの踏切」考慮した経路に対応

企業向け提供の検索エンジン刷新、車両・車幅考慮機能も

ナビタイムジャパンは1月26日、企業向けに提供している車両の経路検索エンジンを「NAVITIME Engine(ナビタイムエンジン)」として刷新したと発表した。

新たに地域区分別・時間帯別の道路走行速度や、車両・車幅、開かずの踏切の存在を考慮した経路検索を可能にした。同社は顧客の同意を得て収集している車両ごとの走行実績のビッグデータなどと合わせて使うことで、経路検索の迅速化・最適化につながるとみている。

経路検索エンジンは顧客企業がPCやサーバー内に限定しオフラインで動作する。顧客が運用している配車システムなどに組み込むことが可能。時間帯によって開かずの踏切を回避するなど、リアルタイムで最適な経路を見つけ出せる上、大型車の通行規制などにも対応するのが強み。


システムの概要(ナビタイムジャパン提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事