メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ZMP、物流現場変革担う6社と連携組織を立ち上げ

ZMP、物流現場変革担う6社と連携組織を立ち上げ

サトー、凸版印刷、プラスオートメーションなど参加、より最適なソリューション提供目指す

ZMPは2月9日、物流現場の作業効率化などのソリューションを担う6社と新たに連携するための組織「CarriRo Connecting Partners」を立ち上げると発表した。

ZMPが展開している物流ロボットなどの技術と、同組織に参加したパートナー企業がタッグを組み、より物流現場の課題を効率的に解決できるソリューションの提供を目指す。

当初参加する6社はサトー、シーイーシー(CEC)、凸版印刷、日本ファイリング、プラスオートメーション、NSP。ZMPは他の企業にも参加を呼び掛け、2021年中に100社程度まで規模を拡大させたい考えだ。


組織のイメージ(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

詳細はコチラから(ZMPウェブサイト)

経営/業界動向カテゴリの最新記事