メルマガの配信元アドレスが変更となりました

霞ヶ関キャピタル、埼玉・久喜で物流施設開発用地7300平方メートルの取得決定

霞ヶ関キャピタル、埼玉・久喜で物流施設開発用地7300平方メートルの取得決定

22年1月決済予定

霞ヶ関キャピタルは2月16日、自社開発の物流施設用地を取得することを決めたと発表した。

埼玉県久喜市で敷地面積は約7300平方メートル。取得先と取得金額は守秘義務契約を結んでいることを理由に開示していない。決済は2022年1月を予定している。

同社は「LOGIFLAG(ロジフラッグ)」ブランドで物流施設を展開、千葉県船橋市で第1号案件となる冷凍・冷蔵倉庫の建設を今秋に始める準備を進めている。

(藤原秀行)※ブランドロゴマークは霞ヶ関キャピタル提供

物流施設/不動産カテゴリの最新記事